--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.02 (Mon)

みすた君の映画。

ミスターこと鈴井貴之監督映画「銀色の雨」を、
そういえば土曜日に見に行ってきました。

というか、舞台挨拶を見に行きました。
むしろ、ミスターを見に行きました。

生ミスター。
やたらくねくねしてました。
どうでしょうでは見られないハイテンションで
頑張ってしゃべってた感じがしました。
どうでしょうの寡黙なミスターに慣れていたので
ちょっと新鮮でした。

山陰ロケ敢行の作品で先行上映だったのです。
全国ロードショーは来月からみたいです。

鳥取とミスターなんて、
サイコロで「何もないしけた街」と言い放ったり、
「砂以外名物あるの?」と言ってみたり、
そんなことしか思い出せないわけですが。
何年も経った今、ミスターが鳥取好きになってくれたのなら嬉しいことです。

肝心の内容は、タイトルにも雨とあるように、
なんだかジメジメした雰囲気のある作品でしたが、面白かったです。
途中ちょっとだれたし、消化不良感も感じたりしたけど、
中村獅童の演技にちょっぴりもらい泣きしてしまったり。
テーマが重めなので、娯楽性は低いけど、
あとからじわじわくる深みがある、ような気がします。

昭和の風景が残ってるからこの街を選んだ、とかどこかで読んだので、
てっきり昭和が舞台の話かと思ってたのですが、
出てくる小道具が現代のものだったり、
服装がやたら昭和ちっくだったり、
時代設定がわかんなかったです。

あと、前田亜季(字合ってる?)の方言は、なんだかソワソワしてしまう感じ。
似非関西弁だったり似非東北弁をネイティブの人が聞くとこんな気分なのかと、
ちょっと分かったような気がします。
間違ってないけど、なんか違うんだよな~、みたいな。

個人的に脇役が豪華な感じがしました。
柳ユーレイを久しぶりに見た気がする。
ナックスさんも全員出てました。


みすたくんの映画なら見たい!という人も、
ミスターって誰だよ?っていう人も、
浅田次郎が好きだ!って人も、
見てみたらいいんじゃない?→「銀色の雨」オフィシャルサイト
スポンサーサイト
22:12  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyarahanco.blog17.fc2.com/tb.php/307-d2717051

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。